メニュー

理事長ブログ

抗原検査は、とっても有用だ。(2022.02.07更新)
  抗原定性検査 PCR 検出感度 良好 微量でも検出可能 判定時間 10~15分 4時間(当院) 判定方法 線を目で見る 定量的(C… ▼続きを読む

4月からは、コロナもインフルエンザと同様に抗原検査で診断する。(2022.02.06更新)
あい小児科PCRセンターでは、PCR検査1回25000円で開始した。診療報酬とほぼ同額の設定だった。渡航目的の英文診断書の料金も込み。 1月より、診療報酬が臨時で改定された。予告なしにいきなり500… ▼続きを読む

2月より一斉にコロナワクチン予防接種が加速した。(2022.02.02更新)
今、日本の診療所はカオスだ。 2月1日あい小児科PCRセンターでは、PCR検査にて49人を陽性判定した。発熱外来患者の6割がコロナ陽性だ。陽性率、陽性者数ともに過去最高だ。 こんな時に、新型コロナ… ▼続きを読む

支援学校や支援学級、生活介護にも感染が広がった(2022.01.30更新)
私がPCR検査をやると決めたのは、医療的ケア児の訪問診療を継続するために自分がPCR陰性であることを確かめたかったからだ。医療的ケア児をはじめ、支援学校、支援学級、大人方々の通所施設である生活介護やデ… ▼続きを読む

子どもから高齢者へ。新たな感染経路が見えた。(2022.01.28更新)
クリスマス、年末年始、成人式、始業式と続き、オミクロン株は確実に日常生活の中に入り込んでいる。子どもの陽性者の急増に伴い、家庭内感染が爆発的に増えた。結果としてオミクロン株が高齢者のコミュニティに入り… ▼続きを読む

保育園のクラスター対策は、徹底した検査がカギとなる。(2022.01.27更新)
嘱託業務は、前院長である理事長の私が継続して全て担当している。八潮の院長に就任し、八潮の二つの小学校を担当することになり、草加の学校医は3月までで終了する。 今、感染のスポットは、保育園、幼稚園だ。… ▼続きを読む

子どものコロナ(オミクロン株)について【続報・令和4年1月26日】(2022.01.26更新)
子どものコロナ(オミクロン株)について【続報・令和4年1月26日】 小さい子どもは、症状が軽い 発熱が無く、嘔吐、下痢で見つかることもある 発熱すれば、半分はコロナ 胃腸炎も半分は… ▼続きを読む

PCR検査は、もはや時代遅れだ(転載)(2022.01.26更新)
まるクリニックでは、抗原検査・PCR検査を同時に実施している。 抗原検査陽性の方は、100%PCR陽性だ。 時々、濃厚接触者で発症していない、あるいは軽症の場合に抗原検査陰性、PCR陽性ということ… ▼続きを読む

感染が蔓延し、多くの子どもたちが感染しているハズだ。(2022.01.23更新)
https://hhp.or.jp/column/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3… ▼続きを読む

小児科として、子どもの診察を優先する(2022.01.23更新)
あい小児科は、地域の小児科として赤ちゃんから中学生とそのご家族様の診察を行います。 コロナ禍、感染が急拡大して小児科より内科の依頼が多くなり受診できない子どもたちが増えました。あい小児科を受診したく… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME