メニュー

理事長ブログ

終わりの始まり。(2022.01.21更新)
新型コロナウイルス感染症の終焉が見えた。 オミクロン株は、ワクチン3回接種でただの風邪になった。 そもそも日本の保健所機能は、コロナのような感染症に対応できるほど充実していない。東京都が、モニタリ… ▼続きを読む

恣意的なのか、どうなのか?草加市の19日報告が低すぎる。(2022.01.20更新)
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6415797 jokyo20220119zantei jokyo20220118 埼玉県のHPより、感染者数の報告データをたまに… ▼続きを読む

緊急提言(2022.01.20更新)
蔓延防止対策を適応、施行する前に現場から提言すべきことができた。 1,検査のメインを抗原検査とする。 2,濃厚接触者の検査は、症状が出てから、あるいは陽性者との接触から3日後。 3,全事業者に、… ▼続きを読む

無料検査中止を政府が検討中。(2022.01.18更新)
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3-%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E3%8… ▼続きを読む

感染爆発により、PCRは実質中止せざるを得ない(2022.01.17更新)
これだけ急に感染者数が増えると、迅速な検査が妥当であり抗原検査を徹底的に増やす必要がある。 PCR検査は時間と手間がかかり、既に実用的ではない。こんな日が来るとは思わなかった。 明日から、検査の主… ▼続きを読む

小児科から、地域医療が崩壊する(長文)(2022.01.16更新)
令和4年1月16日 医療法人社団ケアコミ あい小児科 理事長 丸山善治郎    私は、医療的ケア児の訪問診療を行っている。担当する医療的ケア児は、埼玉県立小児医療センターに通院している… ▼続きを読む

子どもたちのコロナ対策について考えてみた。(2022.01.15更新)
毎日二桁の感染者が同定されています。 その中に、小学生、未就学児がいることもあります。 小学5年生以下は、新型コロナワクチンを接種していない。つまり、幼稚園、保育園は新型コロナウイルスに免疫を全く… ▼続きを読む

PCR検査数が1日100件を超えて、約2割陽性となっている。(2022.01.14更新)
発熱外来に加え、埼玉県無料PCR検査等事業により検査を受ける方の数が単純に増えた。更に、発熱外来からの検体においても陽性率が上がっている。12月までは5%以下の陽性率だったが、今の発熱外来は2~3割陽… ▼続きを読む

学校医として、オミクロン株にどう対応するのか?(2022.01.13更新)
草加市立高砂小学校の学校医をはじめとして、市立保育園、民間保育園、医療的ケア児が使う重症児デイサービス、大人の障害者が通う生活介護など10施設以上の嘱託医をしている。 勿論、医療的ケア児が通う重症児… ▼続きを読む

無料PCR検査でも、毎日陽性者が出ている。(2022.01.13更新)
埼玉県無料PCR検査を実施している。 今週に入り、無料検査の中から毎日陽性者が出ている。つまり、発熱が無い、カゼ症状のない方がコロナ感染していることが解ってきた。検査を早めに受けてもらうことも大事だ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME