メニュー

お知らせ

この映画を改めて鑑賞してみよう。 [2020.05.25更新]

https://movies.yahoo.co.jp/movie/340856/

 

日本の新型コロナウイルス対策が的を得ていたのかということを知りたければ、まずこの映画を見てみてはいかがでしょうか?

改めて見たのですが、思わず「そうだよね」と言いたくなるシーンが多々見られます。

当事者目線で見るとまた違った感じになります。

まさに、当事者ですからね。

最前線の人たち、大変です。

あなたは、自分の身を守れますか?

パンデミックに、備えていますか?

ワクチンができても、そのお金は誰が出すんでしょうか?

世界中の人々にワクチンが届くまでどれだけ時間がかかるのでしょうか?

誕生日で接種日が決まる抽選会は衝撃的ですね。

高齢者の肺炎球菌ワクチンは、5年刻みの生まれた年に助成の通知が来ます。(草加市)

毎年今の時期、高齢者肺炎球菌ワクチン接種希望がピークを迎えます。内科の外来は月曜日午前のみです。

院長ブログを更新しました。 [2020.05.25更新]
【予防接種・乳児検診・抗体価測定】
院長ブログを更新しました。 [2020.05.22更新]
【イベルメクチン】の備蓄を開始しました。
院長ブログを更新しました。 [2020.05.22更新]
【コロナ感染後のフォロー】
【重要】風疹抗体価測定再開いたします。 [2020.05.21更新]

新型コロナウイルス感染症の拡大の為延期していた

成人の風疹抗体価測定検査および、予防接種を再開いたします。

外来、検査時間を変更いたしました。

血液検査は、診療時間内ならいつでも可能です。土曜日は、予備日で診療、予約ともに制限して行っております。

時間通りの診察を御希望の方は、検査外来を予約していただけるとスムーズに検査可能です。市町村からの通知、シールと健康保険証を必ずお持ちください。

尚、助成での予防接種を御希望の場合、麻疹・風疹ワクチン(2種混合)を使用します。風疹のみは受け付けておりません。

自費の場合は、風疹ワクチンを希望することもできますが、麻疹・風疹ワクチンを使用することが推奨されております。御理解、御協力の程よろしくお願い申し上げます。

麻疹・風疹ワクチン(MRワクチン)は、豊富に在庫がございますので当日の予約も可能な場合があります。電話で御確認下さい。

乳幼児の予防接種の時間と、成人の外来時間は異なりますのでご注意ください。

ただし、乳幼児のお母様やお父様の場合は、乳児の予防接種にお越しいただいたときに予防接種を実施することが可能です。(予約は30分人枠で御家族単位としています。)御両親の血液検査や予防接種等についても予約の時に御相談いただけると幸いです。

【アレルギー検査】 [2020.05.21更新]

花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそく

梅雨の時期は、湿度や気圧の問題で発作が起こりやすくなります。

あい小児科で、血液検査や培養検査を実施しております。

アレルギー検査を血液検査で調べることができます。食物、吸入の大きく二つに分けた抗原(アレルギー物質)に対する反応を定量的に測定いたします。(Viewアレルギー39:39種類のアレルゲンのIgEを定量的に測定します。)再診時には、さらに詳しい項目(皮膚、吸入、花粉、アトピー等)の精査も可能です。

当院の検査は、昭和メディカルサイエンス様に受託しております。概ね7日程度で血液検査の結果が出揃います。

http://www.sms.co.jp/reference/index.php

スキンケア指導、クリームやローションの処方、抗アレルギー剤、漢方、吸入液の処方なども外来診療で行っております。簡単な拡大鏡で、自分の皮膚を見ることも可能です。

初診、3割の方で血液検査でのアレルギー検査は、7880円が目安になります。

同時に血糖、HbA1Cなどを追加検査することも可能です。

血液検査は予約不要です。外来、検査の時間帯は随時検査可能です。

まずは、電話で御相談ください。

【重要】埼玉県内の感染症情報 [2020.05.14更新]

定点把握対象疾患の動向

https://www.pref.saitama.lg.jp/b0714/surveillance/ryuukou.html#influ

昨年末は、例年以上にインフルエンザ感染の立ち上がりが早く予防接種が間に合わないのではないかというぐらいの勢いでしたが、流行が突然止まりました。この時点で、昨年末に中国で感染爆発していた新型コロナウイルス感染症が既に東京はじめ日本に流入してきたと推察されております。今年に入り、感染症に関する啓発が行われ全ての流行感染症が減少しました。やる気で予防すれば、多くの感染症が予防されることが証明されました。ただ、自粛してばかりでもいられません。

新型コロナウイルスに関しては検査体制が確立されていませんので、実態を把握できていません。検査数が全てです。しかし、東京の死亡者数は例年通りでした。インフルエンザを含む冬の感染症が軒並み減少しているにもかかわらず例年通りの死亡者数だった。検出できていない新型コロナウイルス感染症関連の死亡者が多く含まれていた可能性が高い。

ここからは推察です。東南アジアと同様新型コロナウイルス感染症の第一波は既に冬に一度ピークを迎えていた可能性が高い。そこで概ねの新型コロナウイルスの免疫を獲得していたため、ヨーロッパで流行した重症化しやすい新型コロナウイスが再流入してきた現在、死亡者数がそれほど上がらなかったのではないかという想像をしています。何しろ、抗体検査が未だに保険適応ではないから、検査しようにも測れません。いろいろなことは後々わかることでしょう。だって、風疹だって、B型肝炎だって抗体検査やりますよね。

そもそもリスクが高い人は、感染症が重篤化します。乳児も、医療的ケア児も、高齢者も超ハイリスクです。

今後も、感染拡大防止に努めて参ります。

BCG、ヒブワクチンなど、安定して供給されております。 [2020.05.13更新]

新生児、乳幼児の予防接種は、順調に実施できております。

一時供給が止まっていたヒブワクチンも順調に入荷しております。

BCGに関しても一時在庫不足が報じられましたが乳幼児が接種する在庫は確保できていると報告を受けております。

予防接種に関わるスタッフは、定期的に新型コロナウイルス抗体検査を自主的に実施して院内感染防止に全力を挙げて取り組んでおります。生まれてきた子どもたちにとって、新型コロナウイルスばかりに気を取られていてはなりません。後遺症を残す可能性のある重篤な感染症がいくつもあります。予防接種をすることで免疫を獲得すれば、その病気の一部を予防できます。心配したところで新型コロナウイルスを予防接種で予防することは不可能です。予防できる病気の予防:予防接種が遅れないように計画して実現しましょう。

予防接種を受けていただいた方からの、診察依頼を承っております。時間を調整して予約で診察いたしますので遠慮なく御相談ください。

予防接種の際も、感染症が終焉するまでの間当面個人防護具を着用して行います。触れ合いが大事な時期ではございますが、感染させないことが私たちにできるおもてなしだと解釈しております。それぐらい特別な状況であります。御理解と御協力の程よろしくお願い申し上げます。

【重要】救急医療は、指定医療機関を受診してください。 [2020.05.13更新]

当院は、救急医療の指定を受けておりません。救急医療の診療体制もありません。新型コロナウイルス感染症の指定医療機関でもありません。検査はいたしますが、治療は指定医療機関へ紹介、陽性者は保健所に相談することになります。

急病は、草加市こども急病夜間クリニックを受診してください。現在、急病の方は受け付けておりません。

また、往診や訪問診療は事前の相談及び前医からの紹介状がある方に対して行っております。まずは、現在のかかりつけ医に相談して紹介状(診療情報提供書)を準備してから相談してください。勝手に主治医やかかりつけ医を変えると医師はとてもこまります。

 

検査外来は1階、予防接種・乳児検診は2階です。 [2020.05.10更新]

新型コロナウイルス感染症を含めた感染症対策の一環として、外来診療のスペースを完全に分離いたします。

感染症に関する検査は、一階の仮診察室を使用いたします。

血液検査・感染症検査(溶連菌、RS・アデノウイルス、マイコプラズマ)、細菌培養検査、糞便検査(ロタ・アデノウイルス)など。

 

予防接種・乳児検診は、これまで通り2階の診察室で行います。

一階は、待合室がありませんので、予約時間にお越しください。感染症拡大防止を目的に、風通しの良い空間(駐輪場・駐車場)になっております。今後、改装工事を予定しております。

診療案内

乳児検診、予防接種

 

在宅医療部

 

 

当院の特徴

すべての子どもたちに予防接種することを目指しています

病気になってから病院に行くという考え方では、大切な子どもたちを守れません
日頃の体調管理や予防できる病気に対する予防接種等を行い、家族の方とともに成育、療育を支援いたします。すぐ近くの草加市立病院に併設されている、こども急病夜間クリニックが急病の対応を行っています。当院は、健康な赤ちゃんから精神発達や身体の発達にハンディキャップがあったり、慢性病を持つ子どもたちのかかりつけ小児科として診療しています。病気にならないような予防と成育、療育を支援いたします。かかりつけのお子さまたちの相談は、随時受け付けております。草加市立高砂小学校、草加市立あさひ保育園、その他保育園、福祉施設等の健康管理を承っております。介護保険施設の訪問診療も行っております。

難しい病気や、生まれながら持っているハンディキャップや病気は、治すことができないものもたくさんあります。だからと言って何もできないこともありません。そんなお子さまたちの

「予防できる病気を予防すること」を私たちは目指しております。

新型コロナウイルスの感染爆発により、社会全体がそれまでにないほど制限されるようになりました。しかし、生まれてくる子どもたちを守るために大人たちがすべきことがたくさんあります。我々は、予防できる病気を予防するために予防接種・ワクチン接種を続けて参ります。それと同時に、子育てママ、パパや同居する家族、支援者の皆様の健康管理が以前に比べとてもの重要性になっております。毎日体温測定することも今では当たり前になり、微熱があれば会社を休まなければなりません。こんなことを経験した世代はほとんどありません。身体的なハンディキャップを抱えているお子さまたちの健康管理や療養生活支援をしてきた私たちだからできることがあると考えております。子どもたちを新型コロナウイルス感染から守るために、子育てママや妊婦の皆様をはじめとする大人に対して抗体検査を実施することを決めました。PCR検査は、医師会や保健所が既に導入して重症者に対応しております。あい小児科では、子どもたちに関わる大人たちの抗体検査を実施することで、見えないウイルスを抗体で見ることにより感染拡大防止に努める所存です。あい小児科のスタッフ全員は健康チェックとともに、新型コロナウイルス抗体検査を定期的に行います。自分たちの感染症管理についても徹底して行ってまいります。4月後半に全員実施いたしました。(院長は5月5日2回目の抗体検査を受けIgM,IgGともに陰性を確認しました。医師は、感染する可能性が高いため適宜実施してまいります。)保健所、感染症指定医療機関と連携しながら慎重に進めて参ります。市中感染が拡大し、誰が感染していてもおかしくない状況でございます。IgG抗体が出ていれば、無症候で既に感染を克服していることもわかります。様々な解釈がありますが、見えると少し安心します。

 

予防接種の実際

注射は痛いです。痛くないような工夫をしております。希望があれば、痛み止めの処置をする工夫もしています。RSウイルス予防のための抗体注射(シナジス)等毎月接種が必要な子どもたちには、少し工夫をすることにしております。

 

子どもたちを育てる家族の方への支援

予防接種の御家族同時接種も可能です。(予防接種は、予約制です。)

内科、精神科、リハビリテーション

医療的ケア児の「ずーっとお家で暮らしたい」「Aging in place」を実現できるような支援をいたします。18歳以上になっても継続して診察いたします。20歳以上の方で精神や身体に障害をお持ちの方や、慢性病等をお持ちの方はご相談ください。障害年金の給付に必要な書類の作成も承っております。毎年、数名の方の書類作成を実施してきました。障害手帳の切り替え時期の方や御家族様でかかりつけ医を探している場合も、遠慮なくご相談ください。小児科以外の外来は月曜日午前中と訪問診療のみでございます。機能強化型在宅療養支援診療所である当院は、年齢、性別、疾患問わず、片道16Kmの範囲に往診、定期的な訪問診療を行う在宅医療を実践しております。在宅児医学総合管理の契約が必要になりますので、御相談ください。老人ホームや介護保険施設は、契約済みの施設に限らせていただいております。事前に御相談ください。精神科は、非常勤医師を招聘して診療しております関係で、予約のみになります。

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

交通案内

〒340-0043
埼玉県草加市草加1-18-12
獨協大学前駅から徒歩10分
大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
9:00~11:00
外来訪問訪問訪問訪問訪問休診
13:00~14:30予防接種訪問予防接種訪問予防接種予防接種休診
16:00~17:30外来訪問検査訪問外来検査休診

予防接種、健診・検査は予約必要
土曜日、金曜日は臨時休診あり(集団検診担当日)
訪問診療は、24時間365日対応(医学管理契約者のみ)

休診日:日曜・祝日

連携医療機関

埼玉県立こども医療センター、国立東埼玉病院、国立精神・神経医療研究センター病院、埼玉医科大学医療センター

草加市立病院、越谷市立病院、川口市医療センター、獨協医科大学附属埼玉医療センター、自治医科大学さいたま医療センター

東京大学医学部附属病院、日本医科大学附属病院、慈恵会医科大学附属病院、同葛飾医療センター

東京都立多摩医療センター、東京都立神経病院、東京都高齢者医療センター、東京都北療育センター、心身障害児総合医療療育センター(整肢療護園)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME