メニュー

お知らせ

PCR検査の精度について記事あり。を更新しました。 [2021.01.27更新]
PCR検査の精度について記事あり。
予防接種場所は、グリーンゾーン [2021.01.27更新]

あい小児科は、1階発熱外来、2階予防接種。

入り口も違います。発熱外来は駐車場のある南側(県道の反対側)。予防接種入り口は北側(県道側)。階段の昇り降りにお手伝いが必要な場合は、スタッフがサポートいたします。ドアフォンで、お気軽にお声掛けください。(乳児の御家族様は、持ち物が多くなりますので遠慮なくお知らせください。)

全てのスタッフは、月二回以上PCR検査を受けて陰性を確認しております。 

濃厚接触者の方は、症状が出てからPCRした方が良い [2021.01.26更新]

新型コロナウイルス感染症の潜伏期間は、最長14日と言われています。つまり、接触後1週間程度無症状で経過して後から症状が出てくることがあると言うことです。1週間から10日間経過してみないと、結果はわからないということになります。他人の陽性が解って、濃厚接触があったとしても、自分が直ちにPCR検査で陽性になるとは限りません。保健所の指導により自宅待機していただき、数日経ってから検査する方が確実です。PCR検査は、一度陰性であっても後に陽性となる場合があります。ですから健康保険でのPCR検査は診断までに2回実施できる訳です。今すぐ検査するより、数日自粛するのが最も良いから保健所がそのように指導するのです。

10日前後遅れて御家族内発症する事例を当院も経験しております。一緒に受けられた御家族がPCRが陰性であっても、遅れて家族内で陽性者が出ることはしばしばございます。一家族ではありません。複数ありました。新型コロナウイルスは、そういうウイルスだと理解すべきです。PCR検査が悪い訳でも、医師が悪い訳でも、保健所が悪い訳でもなく、見えないウイルスが対象ですので観察してみるしか無いのです。誰も見えないウイルスを、PCR検査で核酸を増幅させることにより見える化しているだけでウイルスそのものを見るには電子顕微鏡検査が必要で皆様に実施することは困難です。私は研究で、骨組織を電子顕微鏡で観察していましたが作業工程は複雑で高いスキルが必要になります。日常診療で使うことは困難です。

事業所様や団体様にはPCR健診のプランを御用意しています。仕事する側は、定期的に調べてスクリーニングすることが必要だと感じています。

【PCR結果】午前外来→夕方、午後外来→翌日午前 [2021.01.26更新]

午前外来でPCR検査→夕方結果速報、午後外来→翌日午前結果速報

あい小児科PCRセンターは、迅速な結果報告を目指しております

日曜日の発熱外来は、PCR陽性3人。 [2021.01.25更新]

24日日曜日の発熱外来で、PCR検査を実施いたしました。3名陽性。

PCR待ち、PCR結果待ちの状態で急変することがあるを更新しました。 [2021.01.24更新]
PCR待ち、PCR結果待ちの状態で急変することがある
PCRセンター実績報告(プール式健診除く) [2021.01.22更新]

今月二度目の職員全員PCR検査は、全員陰性。 [2021.01.21更新]

20日、21日でスタッフ全員PCR検査を実施し、陰性を確認しました。これの繰り返しです。必要であれば、何度でも検査する。ワクチン接種できるまでは、この方法しかない。スタッフに陽性者が出た場合は、外来も、訪問も縮小させていただきます。御理解と御協力の程よろしくお願い申し上げます。

往診範囲の病院で、大規模クラスターが発生したを更新しました。 [2021.01.21更新]
往診範囲の病院で、大規模クラスターが発生した
【高齢者に対する訪問診療は終了いたします。】 [2021.01.21更新]

まるクリニックとして開業後、訪問診療を行って参りました。地域医療のニーズに合わせて診療の方針を転換し、あい小児科に名称変更して2年間かけて小児科を中心とする外来診療に移行して参りました。24時間体制の往診を希望される訪問診療を希望される方々については、紹介、転医させていただきました。概ね2月には訪問診療を終了する方向で調整中です。今後は、午前中の発熱外来、午後予防接種や自費PCR検査を行って参ります。コロナ禍においては、PCR検査で地域医療に貢献いたします。

乳児検診、予防接種

 

 

当院の特徴

「すべての子どもたちに、必要な予防接種をする」

ことを心掛けております。

コロナ禍で生まれてきた赤ちゃんに予防接種行うため、様々な感染拡大防止策を実施して参りました。スタッフの個人防護衣、定期的なPCR検査、レントゲン検査室、診察室の隔離、時間帯の調整など実現可能な防止策は実施しております。

あい小児科は、PCR検査で地域医療に貢献いたします。

 

発熱外来

コロナ禍で、子どもも大人も発熱が咳があるだけで診療拒否される事例が増えています。あい小児科の発熱外来は、お子さまを中心に御家族様の診療も行っております。発熱外来は一階を改装して行っております。検査機器等の設置は、これからです。来年初めには、エックス線検査ができる体制を目指して準備中です。現状は、診察、処方、PCR検査、インフルエンザ検査、血液検査を実施しています。(休日は、血液検査はできません。)合併症への対応は難しい為、認知症や高齢者の方々は救急指定医療機関を受診してただけると幸いです。熱が出た子供たちの診察を午前中から対応するために開設いたしました。午後に受診を希望する方は、草加市夜間子ども急病クリニックを受診してください。

なお、かかりつけのお子さまたちへの対応は、個別に予約で行っております。(経管栄養、尿カテーテル、ぜんそくや、皮膚、便秘、おしっこのトラブルなど)事前問診で症状を判定し、感染リスクを考慮して診察いたします。

 

PCRセンター

あい小児科PCRセンターでは、検査時間終了後最速約3時間で速報を電話・FAXで通知しております。WEB問診、受付、支払い、検体採取、PCR測定、速報通知、結果通知まで一貫して院内で実施いたします。速報通知後、証明書発行が可能です。

PCR検査は、健康保険と自費診療の二つがあります。

発熱、紹介状有、接触アプリによる警告などの場合、健康保険が適応になります。それ以外は自費診療25,000円(検査結果証明書料、消費税込み)になります。検体採取は、鼻咽頭スワブの場合約1分で終了します。外来時間終了後、直ちに検体整理、PCR測定、速報電話通知、最終結果報告書作成という流れになります。発熱、風邪症状のお子さまは、PCR検査も子ども医療費助成対象となります。

 

予防接種・乳児健診

生まれて初めての予防接種から、季節性のインフルエンザ予防接種までお子さまの成長に合わせて計画的に予防接種を行っております。転入された方、出張から帰ってきた御家族の方、長期の入院で予防接種が遅れている方などへの対応も行っております。初回相談の時には必ず母子手帳をお持ちください。予防接種・乳児検診は予約制です。地域のかかりつけ医として計画的に実施します。必要に応じて近隣の小児専門医療機関や県立小児病院、都内の大学病院小児科に御紹介いたします。

シナジスなどの抗体注射など痛みが強い注射に対しては、痛み止めのクリームやパッチを使用することも可能です。御相談ください。

交通案内

〒340-0043
埼玉県草加市草加1-18-12
獨協大学前駅から徒歩10分
大きい地図はこちら

診療時間

受付時間
9:00~11:30外来外来
外来外来外来
休診外来
14:00~16:00自費PCR自費PCR休診自費PCR休診休診休診

予防接種は完全予約制、水午後、金午後
かかりつけのお子さまは、まず電話で相談
受診前には、必ずWEB問診を入力→カルテ作成
外来、自費PCRドライブスルー検査実施中
無症状自費PCR検査実施中
急病は、草加市こども急病クリニックへ
土曜日は、外来メンテナンスの為休診

休診日:日曜日、祝祭日

連携医療機関

埼玉県立こども医療センター、国立東埼玉病院、国立精神・神経医療研究センター病院、埼玉医科大学医療センター

草加市立病院、越谷市立病院、川口市医療センター、獨協医科大学附属埼玉医療センター、自治医科大学さいたま医療センター

東京大学医学部附属病院、日本医科大学附属病院、慈恵会医科大学附属病院、同葛飾医療センター

東京都立多摩医療センター、東京都立神経病院、東京都高齢者医療センター、東京都北療育センター、心身障害児総合医療療育センター(整肢療護園)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME