メニュー

理事長ブログ

PCR検査の診療報酬が下がったので困る。オミクロン株を同定することもできるが、ボランティア(無償)ではできない。(2022.01.05更新)

令和3年12月末日で、PCR検査の診療報酬が改定された。臨時に、突然の大幅減額(約5000円/回)。

臨床検査会社に委託する委託料は、通常診療報酬の7割から8割。つまり、血液検査やPCR検査などについては、ほとんど検査会社に支払っている。今回のPCR検査の突然の減額で、臨床検査会社も委託料を改定して減額した。概ね7割から8割の値段で比率は変わらない。検査会社に委託せずに自身で検査をしている医療機関は、試薬代、キット代が安くなるわけではない。全自動の検査キットは、臨床検査会社への委託料とほぼ同じ。つまり、検査キットが相対的に高くなる。最悪、赤字になる。

令和4年4月の診療報酬改定では、さらに半額程度になると通達が来た。この件に関して、臨床検査会社から値段の通知は来ていない。かなり厳しいのではないかと考えている。全自動PCR機械を使っている医療機関は、まる赤字になるから恐らく検査をやらないだろう。私も、やめることを念頭に置いている。4月以降は、未定だ。

そんなに診療報酬を減らしておいて、やれデルタ株なのか、オミクロン株なのか調べろと言ってもかなり難しい注文だと思う。1月7日に、オミクロン株に対応する試薬が販売される。

https://catalog.takara-bio.co.jp/product/basic_info.php?unitid=U100009497

一応購入するが、検査したところで報酬が無い。つまり、まる赤字なので続けたりすることはしない。まる赤字の検査を民間企業がやるなんてことはあり得ないし、継続できない。

やれやれ。

できるのに、お金が取れないとなると別料金で自由診療として希望者に追加検査するぐらいしか考えつかないなあ~。

使用しているタカラバイオのコロナPCR検出キットは、概ねメジャーな変異株に対応する試薬(プローブ)が出そろっている。やればできるが、設定も違うし、手間がさらにかかる。

当法人にメリットが無いならやらない。PCR検査はは、お金も時間もかかるので、対価が無ければできない。安い民間の検査機関しか生き残れないサバイバルが始まってしまった。そろそろ撤退時期を見極めないといけない。深追いは禁物だ。

 

感染拡大期の発生データは、リアルタイムに報告すべきだろう。(2022.01.05更新)

あい小児科では、1月3日3人。1月4日4人の新型コロナウイルス感染症を同定した。あい小児科は検体採取日にすべての検査を実施して、早い時は当日、最低限翌日には報告している。陽性者には、確定し次第電話連絡するようにして800人近いコロナ陽性者に対応してきた。最近では、PCR検査を自院で速やかに実施して結果を出し、ホームページ上でのWEB報告に加えてオミクロン株などのさらに詳しい検査のために検体を保健所に提供している。最前線の小児科です。

今回起きていたことを整理する。1月3日に発熱外来を実施し、3人の陽性者を同定した。午前の外来だったので夕方には結果を確定させた。同日に、HER-SYSにて感染症発生届を提出した。しかし、1月4日には、埼玉県の報告には草加市のデータが無かった。

1月5日埼玉県の公式報告を確認した。1月4日暫定データがアップデートされていた。

jokyo20220104zantei

あい小児科における昨日1月3日の陽性者数は、埼玉県の報告では1月4日に計上されていると予測できます。一方、草加市のHPによると

http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s1002/060/PAGE000000000000071964.html

草加市は、元日の報告が1月4日に報告されている。つまり3日遅れ。

 

あい小児科の患者様の居住地は、埼玉県とは限らないので必ずしも草加市や、埼玉県と一致する訳ではない。特に、年末年始や、休日、祝日は、足立区や三郷、松戸などからも来院されることもしばしばある。

何が言いたいかというと、一人陽性者が出れば、濃厚接触者が1週間以内に検査をしてさらに陽性者が増える。来週は、かなり数が増えるのではないかと予測できます。効果のある治療薬の投与も、発症から数日以内に投与することが原則だ。発症予防も、重症化予防も、感染拡大防止もスピードが肝心だ。

スピード重視の報告が必要だ。

コロナ対策の2年間は、その為の準備期間だったはずだ。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME