メニュー

特徴

「すべての子どもたちに、必要な予防接種を行う」ことを目指しております。

子育て中のお母様、お父様を小児科診療で支援いたします。

令和3年5月より診察日は、毎日乳児健診、予防接種を実施いたします。小児科経験豊富な日本小児科学会専門医の岩崎卓朗院長が担当いたします。

午前は、発熱を含めた症状のある子どもたちから大人までを診察します。

午後は、乳児健診、予防接種と小児科の再診の予定です。お子さまの便秘や、夜尿、ぜんそく、アレルギー、アトピー性皮膚炎など疾病問わず御相談ください。必要に応じて連携医療機関と一緒に連携して診察いたします。

PCR検査は徐々に縮小し、新型コロナウイルスワクチン予防接種に移行する予定でございます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

予防接種・乳児健診

生まれて初めての予防接種から、季節性のインフルエンザ予防接種までお子さまの成長に合わせて計画的に予防接種を行っております。転入された方、出張から帰ってきた御家族の方、長期の入院で予防接種が遅れている方などへの対応も行っております。初回相談の時には必ず母子手帳をお持ちください。予防接種・乳児検診は予約制です。地域のかかりつけ医として計画的に実施します。必要に応じて近隣の小児専門医療機関や県立小児病院、都内の大学病院小児科に御紹介いたします。

シナジスなどの抗体注射など痛みが強い注射に対しては、痛み止めのクリームやパッチを使用することも可能です。御相談ください。

なぜ、予防接種が大事なのかは抗インフルエンザ薬で有名なタミフルの注意書きにも赤字で記されています。薬は副作用のリスクがあります。予防に置き換わるものではない。つまり、予防接種(ワクチン)が第一の選択肢です。インフルエンザは、異常行動などの副作用のリスクを伴います。タミフルを投与したとしても解熱が24時間程度早くなる程度で周りの方に感染を移すことが少なくなると言われています。予防注射を毎年必ず接種することが大事です。

コロナ禍で生まれてきた赤ちゃんに予防接種行うため、様々な感染拡大防止策を実施して参りました。発熱外来の新設、レントゲン設備導入、スタッフの個人防護衣、定期的なPCR検査、診察室の隔離、時間帯の調整など実現可能な防止策は実施しております。子どもから年齢問わず4500回以上のPCR検査を実施し、270名以上の陽性判定をしました。スタッフの陽性者はゼロを維持しております。PCRセンター長は、丸山善治郎理事長が担当いたします。

診療に対する取り組み方も、少し変わりつつあります。令和3年4月には、小児科専門医の岩崎卓朗先生が入職し、5月に院長就任。小児科専門医による乳児健診、予防接種を実施することになりました。レントゲン検査が可能となりました。子どもの発熱、肺炎や腸閉そく(イレウス)、腹痛、便秘、排尿のトラブル等も御相談ください。入院が必要な場合は、草加市立病院や小児科病床を持つ医療機関を御紹介させていただきます。

病診連携を強化しており、埼玉県立小児医療センターを含め都内の大学病院小児科に通院されているお子さまの診療を積極的に行っております。専門病院への通院負担を減らすことも、かかりつけ医の役割として重要だと考えております。計画的な入院や、乳児期の予防接種は、時間的な制約も多い為できるだけ柔軟に対応するように心がけております。RS抗体シナジスの注射も実施しております。

 

PCRセンター

WEB問診、受付、支払い、検体採取、PCR測定、速報通知、結果通知まで一貫して院内で実施いたします。速報通知後、証明書発行が可能です。

PCR検査は、健康保険と自費診療の二つがあります。

発熱、紹介状有、接触アプリ通知、体調不良などの場合、健康保険が適応になります。

渡航目的、会社等での健康診査目的の場合は、自費診療25,000円(検査結果証明書料、消費税込み)になります。検体採取は、鼻咽頭スワブの場合約1分で終了します。外来時間終了後、直ちに検体整理、PCR測定、速報電話通知、最終結果報告書作成という流れになります。

陰性証明書は発行しておりません。核酸抽出検査結果証明書を2,000円にて作成しております。陰性か、陽性かは検査後明らかになります。渡航目的に検査を受けて陽性となる場合もあります。ご注意下さい。尚、一度陽性判定を受けた方の再検査は原則お断りしています。あい小児科では、PCR陽性後一ヶ月程度の再検査は100%陽性という結果が出ています。陰性を証明することは不可能です。

 

tam_ds_od

小児科、内科、精神科、リハビリテーション科

基本診療
  • 時間外対応加算1
  • 明細書発行体制加算
指定医療機関
  • 保険医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 特定疾患治療研究事業指定医療機関
  • 小児慢性特定疾患指定医療機関
  • 被爆者一般疾病指定医療機関
  • 自立支援医療指定医療機関

小児かかりつけ医療

草加八潮医師会 会員

埼玉県医師会 小児在宅医療検討小委員会 委員

草加市立高砂小学校 学校医

草加市立あさひ保育園 園医

その他草加市、越谷市の生活介護施設、児童発達デイ、民間保育園等の嘱託医

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME